BL's SS.

BLですBL。分からない方はご遠慮下さい。

【注意】
  • BLですBL
  • 自分用メモ:小説は頭から書いた方が良いのか

    もう今年の更新はないな、本気でそう思ってた。一昨日までは。人生なんて一寸先は闇なんですよ(人による)

     

    以下本文はあくまで個人の見解です。*1

     

    小説を頭から書く時のメリット

    • 推敲が多少楽(多分)

    • 作業中、読み返すと最初の方を覚える

    小説を頭から書く時のデメリット

    • 最初の文章がかたく、結局書きなおす

    • 覚えてしまうと、客観的に読むのが難しい

    書きたい・書けるシーンから書く時のメリット

    • 文章がかたくならない気がする
    • 思い浮かんだシーンから書くから頭から書くよりも書くスピードがあがるきがする

    書きたい・書けるシーンから書く時のデメリット

    • シーンがとびとびだから後でパズルの様に組まなければならない
    • 1シーン書いてる間に違うアイディアが湧くと話が二転三転してしまう

     

    まとめ

    こうやってみるとかかる時間は同じくらいかな、と思う。ただ後者の方が書いてる実感があるから気分的には良い。しかし後の構成を組むのを考えると地獄。

     

    完璧なプロット(決してぶれない筋)があるなら後者の方がさくさく進みそうであるが、そんなプロット組めたらどうやって書いても良いとも思えた。

     

    余談

    今エロシーン書いてる途中なんだが、その最中にこんな素敵なカッフェー(フェ強めで発音)を発見してしまったのがそもそもの発端で、遂には小説ほっぽってブログ書いてもうてる。*2

     

    作業の妨げになったのがこのカッフェー(フェ強m……)

     

    何が良いってWi-Fiが使えて、カウンター席でコンセントが使えちゃうんだぜ……。スタバで良いじゃんwって思ったろ? ちゃうんや、ここは生演奏が聴けちゃうんだ。*3

     

    そしてなにより素晴らしいのがお店のコンセプト。

     

    『LIVING ROOM CAFE by eplus』は、ギャラリー以外にアーティストの作品を展示・発表する場所としてアーティストに利用していただき、また、お客様には新しいアートに触れ、さらにお気に入りの作品をお買い求めいただけます。


    私たちは、日常の生活の中で、もっと身近に、もっとカジュアルに、お客様とともにアーティストを支える存在になれればと願っています。

     

    ただのおしゃれだけじゃない、それが良い。

     

    あとここには豊富な種類のチーズがあるみたいです。最高です。私はハード系が好きです。ハードゲイじゃないよ。いや、まぁどっちでも良いけど、たまにはこんな非日常の生演奏に包まれながら作業できたら最高だよな。でもそもそも私はコミュ障だから無理ぽ。行ける人は行くが良い。渋谷だ!

    *1:思い付いたら随時加筆予定

    *2:ここまでただの日記のつもりで書いていたが自分用メモの記事と一緒にしてしまうことにした

    *3:カウンターで生演奏が聴けるかどうかは調べてない